読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はDay Dream Believer

モロモロの日々

事故物件のお祓いをしてきた

神主なんてのはお宮参りとか七五三とか結婚式とか、やれめでたい現場に立ち会ってばかりの職業というイメージがあるかもしれませんが、たまにそうでないときもあります。例えば神道のお葬式の神葬祭とか亡くなった日から一年、三年...と節目ごとにやる年祭なんてのもあります。でもこういったのはまぁお葬式ですからしめやかではあるんですけど、そこまでパンチはないんですね。で何が一番パンチがあるかっていうと、まぁ~......その......いわゆる事故物件のお祓いです。もうパンチがあって刺激的。朝からもう気分はドキドキですよ。ド・キ・ド・キ☆モーニングですよ。

まぁ霊なんてのはね、見えないからね。見えても見えないしね。見えないフリだしね。見える見えないの前にいないからね。人間界で唯一見えるユーレイは柳ユーレイだけだもんね!なんて思いながら現場に行ったらマンションの入り口に不動産屋が立っていました。「今日はお暑いところすいません!」「いえいえ」「結構こうゆうのあるんですか?」「まぁたまにありますかね~あはは」なんてお決まりのやりとりをした後に不動産屋は言いましたね。

「あの~....部屋の中...汚いっていうか.....かなり臭いますんで、すいません」

.......ん?掃除してないの?

いやいや、まずすいませんじゃないよね。謝る前に最低限掃除しよ?ヨソの人が来るんだから招く準備くらいしよ?それに俺、神主、いわゆるヌシカンだぜ?外出たら結構「先生!」とか言われるタイプの職業だよ?

「臭うんで、マスクとかします?」

いやそれ風邪は予防できるけど霊にはきかないよね。ま、まぁ、臭うとは言え、まさか血の跡とか残ってないでしょ、あ?ここがその部屋ですか?えぇ、まぁご立派な、それではおじゃましまー

めちゃめちゃ床、血まみれやないかい!!

テンションさがるー!ここのマンション来てから毎秒テンションさがるー!いや、うんまぁ、じゃあお祓いしましょう。来た以上はやりますよ。じゃあ着替え次第やりますんで、準備できたら参列くださ、え?

「あの...僕...このあと人に会う約束があって、スーツに臭いがつくといけないんで、外で待っててもいいですか?」

お前、お前!まさか俺をこの部屋に一人に、お前!!

「それでこの部屋の住んでた人なんですけど、入院していて医者からは退院してもいいってことで帰ってきたんですけど、その一週間後に....家族は遠方にいて....発見が.....」

なんで急に、俺をこの部屋に一人にする前にディテール説明するかね、君は。そうゆうの聞いたらよりクッキリしますやん。モノマネの番組みたいに後ろからご本人登場しますやん。

まぁ無事にご本人登場することなく、そして滞りなくお祓いは終えました。イヤー今日の不動産屋ったらなかったね。悔しいから久々にブログ書いたわ。あと血まみれの部屋に一人ってのはなんだかあれだね、今まで経験したことのない気分だね!そしてこの記事書いてるとだんだん肩が重くなってきたのは気のせいかね!

先輩になりました

春になり後輩が入社し僕も先輩になりました。後輩の初々しい姿を見ていると、自分も一年の間にだいぶ成長したんだなと感慨深くなったりしております。

ただその後輩には少し問題がありまして...それは過ぎるんですよね、鼻歌が。僕が「~~やっておいて」と後輩に指示をして作業させると、彼は高確率で鼻歌を歌いながら仕事をしています。いつなんどきでも余裕をもって生きていたい性分だかなんだが知らないんだけれども、僕以外の上司の前でも鼻歌を歌っていて、聞いているコチラがヒヤヒヤしてきます。なんなんでしょう、ほんとに。

この間、彼...もとい鼻歌くんと自分が駅のホームにいるとき彼が急に洋楽を歌い始めました。急に歌いだした彼に驚いて何も言葉にすることができない僕を見て「先輩。この曲わかります?」と質問してきました。

「...え?な、何?なんの曲?」

「え?わかりません?これですよ(と言ってまた歌いだす)」

英語の歌詞をしっかりと発音しながら歌う彼はまさにドヤ顔。あまりのドヤっぷりに歌っている歌詞も「ドヤ~♪ドヤドヤ~♪ドヤナンヤデェ~♪」と聞こえてきました。嗚呼、なんだか頭が痛くなってきた。

「いやわからないなぁ。なんの曲?」

「え?わかりません?オアシスっすよ!」

あぁ、そうかオアシスか。わからなかったよ、ごめん。でも君の鼻歌砂漠からオアシスに逃げたいのは僕の方だよ、鼻歌くん。ていうかもう歌ってる時点で鼻歌でもないじゃないか。そう思って僕にすることができた精一杯答えは「ごめん。俺ブラー派なんだ。」でした。すると彼は「うぇえ?マジっすか?じゃあオアシス派のボクと戦争ですね!」となぜだかうれしそうにしていました。オアシスかブラーかで言い争って戦争をするくらいなら僕は今このホームから飛び降りて戦争を終結させるよ。

そして今日また別の出来事がありました。昼飯中に話の流れで僕が今月に岡村靖幸のライブに行くことが話題になりました。すると彼は急に岡村ちゃんの「だいすき」を歌い始めたのです。それも「赤いブーツとやけに~」から「女の子のために今日は歌うよ」まで。そうつまりはフルコーラス。僕は鼻歌くんが「だいすき」を歌っている間、あまりのことにまたも何も言葉を発せずに、今にして思えば「なんでお前が歌うんや!」とか言えばいいものをそれもできず、ただただ不思議な気持ちと複雑な顔でフルコーラス聴いてしまいました。碇くんがもしこの場にいたら「こんなときどんな顔をすればいいのかわからない」と言って「笑えばいいと思うよ」と有難い説法なんぞを頂くこともできたのですが、そこにはもちろん碇くんはおらず、いたのは「だいすき」を歌う鼻歌くんと「逃げちゃダメだ」と心で叫ぶ僕の二人だけでした。

とりあえず素敵な後輩ができました。

 

朝、メールが届いた。

2月11日。そのメールは朝7時に届いた。普段7時10分にアラームをセットしているため、メールの着信音でいつもより10分早く目覚めてしまい、朝っぱらから不機嫌になった。...誰だ?朝っぱらからメールしてくる奴は?

件名:誕生日おめでとう

今年で何歳になるんだっけ?今年一年お互い頑張ろうな!!

 なんだ...素敵なお祝いメールだったのか。近年、誕生日のお祝いメールなんて誰からも来たことがないし、しかも朝一でメールしてくださるとは、なんて律儀な人なんでしょう...僕誕生日7月ですけど。

いつもの迷惑メールだったら「ザ・迷惑メール」って感じの意味の分からないアルファベットの羅列なんだけれども驚いたのはメールの末尾がdocomo.ne.jpだったこと。文面も凄いなれなれしい仲良しな雰囲気だし変なURLもついてないし、一瞬本当に自分が忘れている誰かからお祝いメールが来たのかと思ってしまいました。もしこんなメールが友達がいない寂しさのあまり部屋の壁にダッチワイフの絵を描き、その絵に向かって米塩酒をお供えし崇め奉っていた高校時代の僕に届いたら間違いなく返信していたね。ただもう僕は大人。はるか昔に壁画ダッチワイフから卒業した自分は「ははぁーん、誕生日が2月11日ってことは建国の日。つまり日本のお誕生日をお祝いしているんだな?随分とアレな人だ、君は」と余裕ブッコくことができました。ありがとう、壁画ダッチワイフ。センキュー、偶像崇拝の日々。

そして今日。同じアドレスからまた迷惑メールがきました。

件名:バカなんですかね?

本当に最低。信じられない。メールの返信をしないってマナーとか守る気ないんでしょうか?

ぬぁあぁぁぁぁぁあああああ!!!

やかましいんじゃあ!このアナルファッカー!!勝手に人のアドレス使ってメール送ってくる奴にマナー語る資格ないじゃろがい!!そうじゃろがい!!だいたい返信したら、変なん送ってくるじゃろがい!お前が変なん送ってくる前にワシのツルツルピンクアナルピクチャー送ったろかい!?そのピクチャー見ながらマナーとは何か今一度考え直しやがらんかい!それに最初文面が男だったのにいつの間に女に変えとんじゃ!!最初の設定守らんかいや!あれか?俺がアイツでアイツが俺で階段ゴロンチョして性別変わったんか!?俺がアイツでアイツが俺でお前の嫁がコレなもんで階段ゴロンチョしてギンチャン、カッコイイんか!?おまん、平田満きどりか!?ぬううう.....そうだ!筆と絵具!ダッチワイフ!あの頃のようにダッチワイフの絵を描いて心を落ち着かせるんだ!!

世界堂を目指すために外に飛び出したら雪がエゲツないほど降っていたので、部屋に戻って布団に包まったらアッサリと落ち着くことができました。外は寒いですね。皆さんも風邪をひかないように暖かくしてお休みください。

二次会にて

「学生時代の〇村君にめっちゃ雰囲気似てる~!」

ついさっき初めて会ったばかりのその女は僕を見るなりそう言った。僕はどう反応していいかわからず曖昧に「あ。......うん。まぁ...」と答えるしかなかった。

あれから2週間ほどの時が経ったが、今でもあの言葉にどう答えればいいのかわからない。西の方の出身者らしく「知らんがな!」とか「それ誰やねん!」とか「俺、その〇村くん知らんし!」とか言えば話が弾んだのだろうか。もしくは「はーい。じゃあ見たこともない〇村君の物真似しま~す.....ゲシュタポゲシュタポ!」とか言えば笑ってくれたんだろうか。いや、言えない。その女と目も合わせられなくてパーカーの首元から垂れ下がったヒモをずっとイジイジしている僕にはそんなことはとても言えやしない。第一、〇村くんが生粋のアナルファッカーだったらどうする?雰囲気が似ているのを認めてしまったら、その席での僕のあだ名はアナルファッカーになるに決まっている。そしたら僕は「アナルファッカー来日!ゲシュタポゲシュタポ!」と高らかに叫ぶしかなくなる。

前のテーブルに座る先輩はとても楽しそうに滑稽な動きを交えながら喋っている。「あぁ、僕もあんな風に元気いっぱいに喋れたらなぁ」なんて思ってはみたのだが、結局はこのアナルファッカー〇村の友達の女と喋るのがめんどくさいだけなんだよなぁとすぐに気づき、遠くの天井を見つめながら水割りを飲むのであった。

ワルサーp38

家から一番近いという理由だけで通っている美容院が急にモミアゲを切ってくれなくなった。前回11月に髪を切った翌日に「モミアゲ、ルパン三世みたいだね」と上司に言われてからモミアゲが未処理なことに気がついた。他はバッチリ刈上げてくれているのに、なぜかモミアゲだけ剃りもカットもしないから頬のあたりまで長く残って本当にルパンスタイルになっていた。これでは足元に絡みつく赤い波を蹴るしかない。もしくは抱かれたものはすべて消えゆく定めという美容師からのメッセージなのかもしれない。

これまではモミアゲ処理してくれていたのに急になぜ?と不思議でならなかった。自分が散髪中に爆睡せずにちゃんと「ワイはルパンやないんや!サルや!プロゴルファーサルや!!...ってサルでもモミアゲ残しスタイルやーん!」とノリツッコミで言えば空気が悪くなることなくモミアゲも処理してもらえて問題解決なんだけれども、いかんせん眠くてしょうがない。しかし今日は!連続モミアゲ未処理を避けるべく美容院の敷居を跨いだ瞬間に「今日は俺の堪忍袋の緒が切れる前にモミアゲ切ってくれよ、ィヨロシク!」と永吉口調で挨拶してやるんだ。最初にそう言ってしまえば後は爆睡しても大丈夫。そう決め込んで美容院に入って美容師の顔を見た瞬間に僕はすべてを悟った。

そのスタイリストはモミアゲとアゴヒゲが繋がっていた.....つまり彼にとってモミアゲは髪ではなくヒゲ......美容院で顔剃りはしない、つまりモミアゲは価格の対象外ということか....そうかそうだったのか...。

そんな無駄なことを考えながら今日も散髪中の美容師との無言の気まずい時間をやり過ごしたのでした。

Crazy Fancy Driver

車の助手席にぬいぐるみを置いている。

先日UFOキャッチャーで三千円くらい使って映画『テッド』のぬいぐるみをゲットした。うれしさのあまり車の助手席にいつもおいて運転しているのだが、今日フと気づいた。自分はかなりヤバい奴に見られているんじゃないかと。対向車線の車が助手席にクマのぬいぐるみをおいていて、しかも運転手はももクロ岡村靖幸を熱唱していたらそれはもうヤバい奴だ。噂になる。あの地域には危険な奴がいると。やがて噂は皆に知れ渡り、近くの公園を通りがかった時に子供ギャングにウンコを投げられる。いやだ。ウンコは嫌だ。ウンコは誰のかによっては浴びてもいいが、誰のかもわからないウンコを投げられるのは嫌だ。

だから僕はテッドのぬいぐるみを後部座席に移動させた。

f:id:daijobu:20140126211028j:plain

愛しているのさ、狂おしいほど

御守を授与だけして神社を参拝せずに帰る人が結構いる。
別に絶対参拝しろ!なんて声高らかに言うつもりはないが、そんな人を見るとなんだかモヤモヤっとする。例えて言うなら他人の家にいきなり挨拶もなしに上がり込んでお茶を出せ!って言っている感じ...か?この例えにもなんだかモヤモヤっとした。違う。他人の家でいきなり挨拶もなしに畳の部屋でい草がガサガサになるまで摺り足する感じ。しっくりこない。他人の家の窓ガラス全部壊して回り、100円玉で買える温もり熱い缶コーヒー握りしめ、まるで子猫ようだと念仏のように何度も繰り返す。うーん、尾崎イズムが強すぎてよくわからない。他人の家の引き出しという引き出しすべてでフルーチェ作っている一方その頃、畳の部屋ではい草がガサガサになるまで吉川晃司がシンバルキックの練習に励んでいる感じだな。
そんなこんなで神社に来たら極力お参りはしましょう。さもないとシンバルキックの練習にきますよ、キッカワが。