読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はDay Dream Believer

モロモロの日々

最年少億万長者はどんな奴か?『ソーシャル・ネットワーク』

ソーシャル・ネットワーク』鑑賞。

デヴィッド・フィンチャーの新作『ソーシャル・ネットワーク』を公開初日に観てきました!「インターネット時代のビル・ゲイツ」と呼ばれ2010年版世界長者番付で「世界で最も若い億万長者」となったマーク・ザッカーバーグが“フェイスブック”を立ち上げるまでと、その後の2つの裁判を通して一体裏側で何があったのかを描いた作品。主人公マークを演じるのは「アドベンチャーランドへようこそ」や「ゾンビランド」のジェシー・アイゼンバーグ。彼の親友エドゥアルド・サベリン役に「BOY A」に出演し、そして新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィールドが演じる。

僕のジェシー・アイゼンバーグのイメージはスカしているけど実はそんなに大したことのない童貞野郎。そんな彼が今回演じるのは実際に存在するフェイスブックを立ち上げた天才マーク。だから今回のジェシー・アイゼンバーグはスカしているし大したことあるし天才だし、これ全然共感できそうにないキャラクターだけど大丈夫かなぁーと思っていましたが、本当に共感できない奴でした!冒頭の彼女との口喧嘩シーンはそんな彼のキャラクターを説明するためにあるのですがこれが本当にうまかったです。早口で捲くし立て共感能力がなく謝らない、そんな天才のマークを簡潔に説明していて冒頭から面白かったです。共感能力のない彼はどう人と接してよいか分からずに人と話すときはどこか虚ろな目で適当な態度でやり過ごす。目の前で人が起こっていても呆然とする。しかしそれでも人と繋がろうとしてパソコンの前で力強い目をする。フェイスブックという誰よりも人と繋がることにこだわり続けたマークが成功後に孤独と金しかないというのが感慨深いものがありました。

主人公が天才で共感できない、派手なシーンはなく登場人物が早口で捲くし立てるシーンばかり、結末は最初から分かっている、という映画的には負の要素ばかりなのですが、デヴィッド・フィンチャー監督はそんなの物ともせずうまくまとめており面白く2時間飽きませんでした。個人的にはショーン・パーカーとマークたちの初対面のシーンと、あのボート試合の無駄とも言える演出!!人間ドラマもあって面白かったのですが、それよりも現代の最年少億万長者はどんな奴かを知る映画という気がしました。原作がエドゥアルド視点で語られていたり、マークの彼女のエピソードなど省かれているという問題がありますが、一つの映画として楽しめました。

ゾンビランド [Blu-ray]

ゾンビランド [Blu-ray]

BOY A [DVD]

BOY A [DVD]