読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はDay Dream Believer

モロモロの日々

2014年映画ベストテン

映画 BEST 10

 ほら、もう今年も気づいたら新年明けてるよー。職業柄いつのまにか年が明けて一月の中旬になっております。そんなこんなで「気づいたら鞄の中にカメラが入っていました」が流行語大賞に選ばれた2014年の映画ベストテンを発表するよ。

 

2014年映画ベストテン

第1位『グランド・ブダペスト・ホテル

f:id:daijobu:20141217201919j:plain

ファンタスティックMr.fox』あたりから撮るたび毎回面白くなっていくウェス・アンダーソンの新作が1位に輝きました。おめでとうございます。この映画で僕が好きなのは、物語があくまでホテルの本を読む女の子の視線で語られるというところです。だからこの物語は本当かもしれないしたくさん嘘が混じっているかもしれない。でもそんなこまかいことはどうでもいいじゃない・素敵だったらおとぎ話でもいいじゃないというこのウェス的素敵思考。そんなあやふや物語と嘘と、あと少しのバイオレンス(ウィレム・デフォー担当)のバランスが面白かったです。

 

第2位『ゴーン・ガール』

f:id:daijobu:20141217201851j:plain

フィンチャーが結婚についての映画作ったらどえらいことになったやつです。まぁー内容についてまったく何も言えないのがすごい。とにかく見てほしい。とりあえず結婚している人もそうじゃない人も今よりももっと女性を大切にしたくなるんじゃないかな!色んな意味で!あ、あと主役がデアデビルの人ってのがよい。凄いイケメンではなくて隙があって、いやーいいよね、このデアデビルの役者さん。名前なんていうんだろう。このデアデビルの役者さんの溢れ出すアフレック汁を僕のマット・デイモンケヴィン・スミスしてほしい。それで終わった後はベッドの上で冷たくサイレント・ボブしてくれないかな。

 

 第3位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

f:id:daijobu:20141217201945j:plain

私はグルート...(新しいスペース・オペラの幕開けって感じがとてもワクワクしました!)

 

第4位『プレイタイム』

f:id:daijobu:20141217202046p:plain

ジャック・タチ映画祭で観ました。『プレイタイム』は人気のキャラクターであるにも関わらずユロおじさん一人にピントを合わせることなく、空港を行き交う旅行者やオープンしたばかりのレストランで食事する人々を俯瞰でじっくりと見せ続けます。慣れてくると画面の隅で起こるギャグに見えるようになり、僕はこの映画が人生そのものを語っていることに気づきました。気づかずに通り過ぎていく人生の色んな出来事にもっと目を向ければこんなにも楽しいのだという物の見方が美しすぎます。明るい面を見続けよう!というモンティ・パイソンのAlways Look On The Bright Side Of Lifeに似ていますなー。

 

第5位『ジャージー・ボーイズ』

f:id:daijobu:20141217202116j:plain

イーストウッドは何本傑作を作れば才能が枯れるの!?本当に長生きしてくれよ!!

 

第6位『ペイン&ゲイン』

f:id:daijobu:20120518003750j:plain

今年のマイケル・ベイトランスフォーマーではなくコッチ!筋肉バカたちが「俺はやる人間だ!」という嘘みたいな動機で無計画に殺人を犯します。その馬鹿さ具合に笑いがこみ上げてくるという非常に愉快な映画です。

 

第7位『ドラッグ・ウォー』

f:id:daijobu:20120416211644j:plain

ジョニー・トーの新作なんですけれども2月くらいに見たのであまり内容を覚えていません。いつものラムシュがダブルピースしてたのは覚えてます。それぐらいです。でも7位です。面白かったなーという感触だけで7位です。すんません、また今度見直します。 

 

第8位『ダラスバイヤーズ・クラブ』

f:id:daijobu:20140310102317j:plain

マコノヒーがガリガリでした。あれ、やべ。これもあんま覚えてねぇや。ま、いっか。面白かったよ!

 

第9位『天才スピヴェット』

f:id:daijobu:20141217202352j:plain

 いやー本当にね、ベストテン後半はあんまり内容覚えてないのが増えてくるよね。こんな感じだったかなーみたいなの。感触だけが残ってる映画。だいたい毎年そんな感じで、ごまかしごまかし感想考えてきたけどもうめんどくさいから今年はこれでいいよっていう。

 

第10位『ブルー・ジャスミン』

f:id:daijobu:20141217202408j:plain

この映画はね、あれですよ。ウディ・アレンの新作で、この写真の直後にケイト・ブランシェットが 口からボジョレーヌーボーを吐き出して「今年のヌーボー解禁したよ!」ってニッコリ微笑むシーンですよ。あれは驚いたなー。マジか。マジか、ウディ・アレン!って思ったね。いやーとんだアニーホールですよ...すんません、今年のベストテンは頑張ります。

 

■良かった俳優

私はグルート....

■ビックリした猫

ウィレム・デフォーに窓から当然の如く投げられた猫

 

そんなこんなでね、内容がうっすらな映画が多々あったけれど、こんな感じになりました。それで今年はあれですな!ももクロの映画ですな!それ!もう今一番楽しみなのそれ!イースドウッドの新作とかアベンジャーズ2とかを差し置いてのももクロ主演の『幕が上がる』!2015年のベストテンは1位~5位は幕が上がる独占ですよ。1位幕が上がる~百田夏菜子だけを見ていた回~!2位幕が上がる~高城れにだけを見ていた回~!そんな感じになるかとは思いますが今年もよろしくお願いします。