読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はDay Dream Believer

モロモロの日々

ランディが二人!!-『アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜』

笑って、泣ける、最高のドキュメンタリー映画『アンヴィル!〜夢を諦めきれない男たち〜』を観ました。30年以上活動しているメタル・バンドのアンヴィルを題材にしたドキュメンタリー。80年代にメタルファンから絶賛されながらもなぜか売れなかったアンヴィルは、トロントでくすぶっている。リード・ボーカルのリップスは学校給食の宅配、ドラムのロブは内装業をして食いつなぎ、夜はクラブのわずか数十人の前でライブ。なぜ売れなかったのかは本人達もわからない。そんなとき、大々的なヨーロッパツアーの誘いが。しかしそこで待ち受けていたのは過酷な現実だった。

もう冒頭から泣いてました。リップスが給食宅配の説明をしているのだが、そのときにANVILと書かれていたニット帽を被っているのを見てグッときてしまいました。その後の台詞はホントに泣ける。誰かマネージメントしてやってくれよ!!予告編で見たとき、ドキュメンタリー版「レスラー」みたいな感じかなと思っていましたが、「レスラー」の過酷さを遥かに越えてました。だって今回ミッキー・ロークみたいな奴が二人もいるんだもん!!その二人が幼馴染でめったにしない喧嘩とかしだすんだもの!!もう胸を締め付けられっぱなしでした。

バンドのことになると名言を吐きまくりのリップス(本当に泣けます。グッ・・・)は普段はやんちゃな子供。撮影している途中に目の前を大きな車が通ればジーッと見つめ続け(ロブも)、喧嘩をした仲直りに世界遺産を見て子供みたいにホゲーっとし、50のおっさんなのにとてもキューティです。そんなキューティ達は、ステージに立つとやはりプロ。観客が多かろうが少なかろうが最高のライブをします。「やるべきことはやってきたから後悔はしていない。」その言葉に偽りなし!最高だぜ、アンヴィル!最後のシーンは本当に泣けて、映画館で嗚咽を漏らしそうになりました。今思い出しても本当に・・・グッ・・・最高だよう・・・。やはり最後の出来事に繋がったのは、アンヴィルが長年しっかりと妥協せずにバンドをやってきたからなんだろうな。もう1回観てぇなぁー。

アンヴィル兄さん、是非売れてください!!うまいもん食ってください!家族と!!

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]