読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はDay Dream Believer

モロモロの日々

混乱-『脳内ニューヨーク』

エターナル・サンシャイン』や『マルコヴィッチの穴』等の奇抜なストーリーを書くことで有名なチャーリー・カウフマンが初めて監督した映画『脳内ニューヨーク』を鑑賞しました。

人生失敗続きで行き詰った劇作家ケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、自分の人生のすべてが詰まった舞台を作ろうとする。それは本物のニューヨークの中に、自分の経験してきたニューヨークを作り、上演することだった。

脳内ニューヨークを作るまでの前半部分、主人公ケイデンの墜ちていく人生が淡々と描かれます。妻と娘に逃げられ、新しい恋人とはうまくいかず、人生の失敗談とも言える出来事がどんどんと映し出されていきます。人生が進むにつれ、当たり前ですがケイデンも老けていきます。この前半部分があまりにも淡々としているために少々混乱してしまいました。何の説明もなく老けていくケイデン。そして後になって登場する人物が、画面のいたるところで見切れている。もう既にケイデンの虚構を観ている感覚に陥りました。ある日、ケイデンはマッカーサー・フェロー賞を受賞し莫大な賞金を手にします。そしてその賞金で一世一代の舞台を作ることになります。しかしそれはケイデンをさらに孤独にしていきます。ケイデンの今まであった人生の経験をそのまま舞台に描いていくのですが、本当の自分の人生が悪化していきます。現実が悪化していくと、もちろん虚構のケイデンの人生も悪化していき、ケイデンは二つの人生に翻弄されます。ケイデンは現実も、自分の作った虚構でさえもうまくいかず、ますます孤独になっていきます。

はっきり言って映画を観ているうちは、そんなに面白くありませんでした。ケイデンがただただ回りくどくて、めんどくさくて、うじうじしてて、あぁもうなんなの!!という感じでした。でも後でストーリーを思い返してみると、観たときよりも不思議と面白いと感じていました。理解できないとかではなく、ただもう一度観たいという感覚でした。観る者の脳を混乱させ、クセになる映画です。

脳内ニューヨーク [DVD]

脳内ニューヨーク [DVD]